Text Size :  A A A
/  About  /  Diary  /  Contact  /
Img_b9fa26e3b4d72f9c0170e37a9c1a696c16ab2614
10月。そして今日から写真が少しだけ大きくなります。
Img_36b540d105b079584d5899f7d4b67d3466e88278
洗車には結構時間が掛かる。自分なりの洗車美学みたいのがあって
エンジンルームまで磨かないと気が済まないからなおさら。
Img_377195c452c9114b0acf5545028f4734841f01e9
運動会シーズンのようで。
Img_d17d363cde193fb53d5220eb30bde02ed9722b68
彼岸花の集団がなぜかポツンと。やはり緑の中に赤というのは映える。
バングラデシュの国旗とかもそうだもんなー。
Img_f30757ca450a0ce7cf76f32c06fa7b2249c6d0b4
我が家の簡易地震計。ちょっとした地震でも揺れるので
「あれ?地震?」と思ったらまずこのペンダントライトを確認するのが恒例。
Img_7629191b5a0c60a49bd0e4ffecb92e59f8042a3c
小中学校の時、運動会や体育の前に全体で「菜の花体操」というのを実施していた。
これは千葉の県民体操で、ラジオ体操なんかより断然ポップでエキサイティングな内容なのだ。
知らない人はとことん知らない体操だけど。
Img_a310f19379396e13c13f7f95b83cd4eb58510c65
子供の頃、「おでん」という食べ物が食卓に出てきても嬉しくもなく。
や、美味しいんだけど「ハンバーグ」や「カレー」に比べると子供の心をつかむ華やかさは皆無。
圧倒的に地味な食べ物と認識していた「おでん」であるが
年齢を重ねるたびに「おでんっていいなー☆」って心の底から思ってしまったり。
Img_d9997a0fb9ca7f71f33e0f767fe3109363151ee7
この2秒後、おもいっきり指を噛まれることに。2011秋。
Img_8b449aaf098b12c4cfa698975938e566daede251
クルマで小一時間かけて向かった先は須田帆布というカバン工房。

Img_7ee3c70993776f0b05befdbb69437307206e4539
カメラとレンズを持ち運ぶ用の新しいカバンを見繕ってもらう。
お気に入りのモノが手に入ったので帰路は上機嫌。心なしかカメラのシャッター音も軽快だ。
Img_9df8804a1a8bf05d5e4089acb87283e41b371769
お散歩カメラ日和。小学生の頃よく遊んでいた近辺をウロウロと。
Img_924b6391b610dd23f51a373307ddd55da288f737
職場でいつも怒っている人が自席近くにいる。あまりにも毎回だから疲れないのかなー?と思う。
そんなに怒るなよーって肩をポンポンと叩いてやりたいけど、さらに怒り出しそうだからやらない。
言わぬが華。知らぬが仏。触らぬ神に祟りナシ。
Img_f0ea7379e85a0aa9f8a6353034f3e5f84a1d880f
某私立幼稚園のWEBサイトに自分が撮影した写真が素材として採用されることに。
中には数枚このサイトに掲載したものも含まれていた。恐縮です。
しかし採用していただけるだけでもカメラ野郎冥利に尽きるというもの。恐縮です。
Img_497843525022a88c7d6e52cf47033b4716160874
ランチで3000円をかける勇気はない。
Img_b898cb1e6aadc27ac2480136e766fb7750cec37a
デジタル一眼レフのファインダー内ってちょっとした秘密基地みたいでドキドキする。
Img_76fb79c41354cfab1f613ec490b9c86d014bba5c
一人でファミレス入店ってしたことない。個人的にはとてつもなくハードル高し。
Img_da347c353b1e622522b11d6fe889518c0a8fbc84
愛しの2番アイアンが練習中にポッキリと。ヘッドだけ70ヤード先にナイスオン。
練習中の使用頻度は高めなので恐らく金属疲労。とはいえ、なんとも不吉な。
Img_88754bd81810db0993b64efe5d6a2e6f1fb8cb7e
祖父母にとって孫というのは相当可愛いと聞く。
自分の場合、孫ができるまであと20年ぐらいはかかりそうなので
孫誕生の際はこの場で報告させていただこうかと。20年後をお楽しみに。
Img_cd705774f7d77f6d3f089e56fbc0b5fb037b992e
物欲に終わりはない。霊長類ヒト科における永遠の課題だと思う。
Img_da6e00c6fcaca1f5dadf991efebf27710b796dd4
秋深し。どんどん気温が下がってきている。
特に夜になると鼻にツンとくる空気の冷たさがなんとも。
寒いのが嫌いな人には申し訳ないが、秋・冬好きな自分には待ち望んだ季節だ。
Img_71e6b0396dbf45cd20d2de000e7344375f41cf56
ファミレスなどで自分はあまり変わったメニューは注文しない。
例えば「○○風ハンバーグ~季節の彩りを添えて~」みたいな何やら難しいメニューより
「和風おろしハンバーグ」とかそういうオーソドックスなものが好み。
食べ物に関してはかなり保守派。
Img_2202e31bdcd542babedb7de67f63e9049505563d
火を見ると心が落ち着くと言われている理由がちょっとわかったような。
Img_c65df8bf4c753bff64fd16ee6abee0ec57fe6e50
これは自分の無い物ねだりだろうし、彼らなりの苦労もあるのだろうが
今の学生達って楽しそうに見える。少なくとも社会人よりかは楽しそうだなと色々思ってしまった。
もの思う季節。
Img_6970c41afa9cbe08dac22600004f8aba7d27f0ee
母校の学園祭へ行ってみることに。相変わらずカオスな感じ。
生徒がバカっぽいのは自分の代からの伝統なので致し方なし。
Img_0ea2a6633a130a8c8d1448b3c7da046e92bf58b0
風景は絞りを絞って撮影するのが通常であるが
コスモス畑は開放気味で撮影してみるのも・・・

Img_973cde2f8415da941912d0c769cc329c0c9bbc9e
良いかもしれない。
Img_5e293b056f05be7ce76d33cc33ff68bb63327921
クリスマスに比べ、マイナー感が否めない日本におけるハロウィン。
実は結局何をするイベントなのかよくわかっていない自分。オレンジのカボチャ飾ればいいのかな。
あとハロウィンの期間っていつからいつまでなんだろう。謎多し。
Img_1c4323627280704407d62a6c8e885540ae918c5f
学生の頃、一番最悪だったバイトは病院の床磨き清掃。
病院というのは清潔だと思われがちだが、手術室の床となると話は別。
見た目キレイなくせにモップで磨くとそれはもう凄惨さを極めた。ちなみに二日で辞めた。
Img_00e8bfd20bdfaf96ab8ebede6f80d0c5fe4ea798
男というのは物理的な痛みに弱い動物だ。
なにかあればすぐに「イテェ」って言ってる。自分も例外じゃない。
そういえば出産の痛みは女性には耐えられるが、男性なら耐えられず死ぬって聞いたことがある。
あながちこれは間違ってない気もする。
Img_3c50096224fbfecfdc6b556a39a1fb3ba54111b8
年に一度は行く福島の磐梯山。
紅葉が目当てなのでクルマでビューンと行ってみると・・・

Img_a21b5470b0ba7eab080f6970d89675fc16794fca
平年より色付きが遅いようで、見頃は一週間後とのこと。
フライングを決めてしまった自分と往復600km分のガッカリ。
Img_0c42bce1250562fbed678790653e7651ae23d2f1
学生時代の友人と10年ぶりに会った。大学卒業して以来のこと。
久々に会って友人から言われた言葉は「背伸びた?」であった。
んなバカな。
Img_92b762b64e208850e1253730c418d26e8c48a943
「間違えてここで咲いてしまいました。」という感じのヒマワリを探せ。(Lv1)
Img_fc32fcb2adfae1618cc555e3b3f2d1b82b73e6e8
10月のDiaryは今年5月以来2度目の皆勤賞。
一応言っておくと当方ヒマではない。マメなだけ。