Text Size :  A A A
/  About  /  Diary  /  Contact  /
Img_a85a5d0ca3d6d293baf7737b015d73a33eed32a1
男には全然わからない世界、ネイルサロン。
男性でも爪だけ磨きに来られる方がいらっしゃいますよ♪と上野樹里似のネイリスト。
じゃあ、お願いしようかな♪と思わないのは自分が男だからか。
Img_cdc1a132f5282243d79394fa835666e8f5627098
自分はあまり感情を表に出してビックリすることは少ない。
しかし10m先の看板にカミナリが落ちたときはビックリというか死ぬかと思った。
その場に一緒にいた友人は腰を抜かして半泣きだったし自分は何故か半笑いだった。
かれこれ12年前の夏の話。それ以来カミナリの印象は極めて良くない。
Img_4ce801faf5b4aeef007a0f1739285191791e314a
ゴディバ。
保冷材ですら神々しい。
Img_dac2d1661e3996059b887c5cd5ef6e53bfef3ea6
暑いといえば暑いが、去年の夏の暑さと比べると拍子抜け。
「ひょっとして冷夏じゃ?」と騒ぎ出す準備は整いました。
Img_c245c2f09119ce8fafd58c03a7e3799f3b60d948
その昔仕事で残業が多かった頃、残業代もそれに比例してたくさんもらってて
当時の座右の銘が「金ならある」だった。
もしタイムマシンがあって当時の自分に会うことができるのであれば
渾身のチカラをこめてグーで殴ってやりたい。
Img_6cf191bcba9c8d4534e4f191529bfbd558f67122
自宅リビングの吹き抜けは窓を多く配置した設計。
最強に日当たりも良いので、冬場でも昼間は暖房いらず。
しかしこの時期は打って変わって地獄の様相を呈している。簡易ビニールハウス。
Img_df8836b0fe67bcca5ecd1e7f35a413eb5551bece
今週から仕事は夏休み。夏休み企画として友人達と茨城県にある「めんたいパーク」へ。
あの明太子で有名な「かねふく」の工場併設の直売所。

Img_8e99f54af9a8b0b897d7b048c00c6477603218db
工場見学もできるし、直売所の明太子試食も時間無制限の食べ放題。
さらにはドリンクも無料。すごい。明太子食べるとのどが渇くからという配慮か。
もうひとつ欠点としては明太食べると白米が欲しくなるところ。

まぁ試食しまくって手ぶらで帰るのもあれだし・・・と作りたての明太子を購入してしまった。
会社側としてマーケティング的には成功していると言える。
Img_8535407a2b79e125446ac27ab5ca2274b8450927
小トトロとかが出てきそうな実家近くの竹林&雑木林。実はこれ市道。
Img_5c87cf623f6229b02b73597f9758fb6fca8f74bc
愛用の腕時計。自動巻きの機械式。そろそろオーバーホールの時期だと思い
いくら程度するのか某ブランド店に確認してみると、6万円とのこと。
久々にめまいがした。
Img_df1627e173f9cf43e1ee0e9b394d5e805bb8ceec
小学生の頃、スイカは皮を分厚く残して食べ終わるのが大人なんだと思っていた。
Img_ab84aa8f663211cac60da4eb2c40a43e4673bf5c
猛暑にもかかわらず散歩しながらカメラでパシャパシャ撮る行為は
「おっ♪今の良い感じに撮れた☆エヘヘヘ・・・」という
いわばカタルシスを得たい為ではないかと本日自分なりに結論付けた。
Img_18d1fe6eb0991c35c1ecb73d22e7eee88efcff9d
お盆時期における寺独特の雰囲気が良いと感じるようになった。
大人になったと感じる瞬間ってこういうことなのかもしれない。
Img_68066ebd5c48263b131cb696c999393565bc9d6d
結論としてはダンボを下から見てはいけない。
Img_24eb981dfe8f511983c0a08199c7183eb5f9310b
地元にある個人経営のピザ屋。ここのピザが大好き。
本気でこの家の子になろうかと思ってしまうほどだ。
Img_af1c8a2c4cab939c57e642907ed8411eb960f352
正面から撮るより、こういう舞台裏からを撮るのが好きだったり。
Img_c9c0c9760771449a498e703b9f73fd6dee0141ed
家の近所にある沼。
日本一汚い沼として君臨してきたが、最近になってワースト1位の汚名返上。
夜景もちょっとキレイ。
Img_575382bf244c8a2929991513f1a66e02a04ef045
旅先での食事ってなぜか美味しく感じるし、とても満ち足りた気分にもなる。

※効用には個人差があります
Img_89e59bb08651c48c01f081c5065efb11a45b70d6
「夏が苦手」=「暑いのが苦手」な自分であっても夏バテをしないのが唯一の自慢。
Img_825d3ea5eeb7d43db35da96b439d8935b91534f3
8/5の記事に「ひょっとして冷夏じゃ?」ということを書いたが
その数日後に地球と太陽に本気を出されて猛暑になったというオチが
なんだか自分らしいなぁと思った日曜の昼下がり。
Img_cb97d14453a2276bba719f298eb1e6f8de103dfb
本やドラマ、映画などを観て感動して泣いたりすることが皆無な自分。
たとえ全米が泣いても自分は泣かない。
Img_97b859f79eeba22b126482677e8988f8f4ce55a3
マジョリティだと思っていたことが実はマイノリティだったということもある。
都内の東寄りの地域、もしくは千葉県北西部地方に生息している人なら
誰もが知っているであろうホワイト餃子
柏市民であれば家に冷凍のホワイト餃子は常にストックしてあると思っていたらそんなこともなかった。
Img_401d0351b5a26a2c6f9e688c6c4fe90b06be8693
昔働いていた部署で「これは人命が掛かっているんですよ!わかってますか!」と客先に叱責され
現場は修羅場と化したことがあった。今後そういう現場には携わりませんように。
Img_3955e6fb62fdb5d61322479dc83eb04d8979d272
会社への通勤途中、「Challenger!」と正面に大きく書かれたTシャツを着たおじいちゃんを見て
ちょっとハートウォーミングな気分に。
Img_70c491896348242c83c5c5c98bad0c7314c66eaf
社内では仕事で使う携帯の着信音は人それぞれで、クラシック系が比較的多い。威風堂々とか。
だからあの着信音は誰々さんの携帯・・・という感じに推測できるのが楽しい。
ちなみに自分の携帯は「ピロロロロ♪」と何の捻りもない着信音。シンプル・イズ・ベスト。
Img_745e05deb6436704f2ea1b45b26f40c478332628
暑い中、お疲れ様です。
Img_013a5052d08041923acf98be5743c9e18e1a4479
Amazonの配送車が前方に。
あのニヤニヤした箱が一斉にこっちを向いていた。その光景を見てこちらもニヤニヤ。
Img_12744c0ad51dd6c9b46636b37803ecd3d10dc627
久しぶりの写真部会合。自分を除くメンバー全員が美容師。
Img_cca2c6ce660457e71b0b73a6eedad309fb0b7806
ドリンクバーよりスイカバーな8月だった。